寛保津波の碑

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

寛保津波の碑(かんぽうつなみのひ)は、北海道の光明寺正覚院泉龍院法華寺無量寺などにある碑の名称である。

背景[編集]

1741年8月27日(寛保元年7月16日)に、北海道渡島大島の寛保岳が大噴火した。火山性地震 (M6.9、Mt8.4)・山体崩壊が発生し、噴火の翌日に津波が発生。この津波により、対岸の熊石から松前にかけて、1,467人の死者を出した。この津波は「寛保津波(かんぽうつなみ)」と呼ばれている。津波の高さ3mで、佐渡島でも津波を観測[1]能登若狭にも津波が押し寄せた。家屋791棟が流出・破壊。船舶被害1,521隻に達した[2]。大島の対岸である江良地域の被害が最も大きく、「津軽藩日記」によれば、450人ほどの死者が出たという[3]。「相沼無量寺過去帳」によると、熊石地方でも男性32人、女性40人、子供38人の合計110人の死者が出た。

この津波の原因は、噴火による大規模な山体崩壊によるという説[4][5]と、低周波地震によるもの[6]との説がある[7]気象庁は山体崩壊説[8]を採っており、東京大学地震研究所らの研究によれば地震説が有力である[9]

北海道の光明寺正覚院泉龍院法華寺無量寺などには「寛保津波の碑」があり、いずれの碑も北海道指定文化財となっている。松前藩の記録「福山秘府」によると、寛保津波と同年の8月18日に、光善寺発願もあって寺院の僧らが集まり、現在の光明寺の境内に卒塔婆を建てて施餓鬼供養した[10]

碑の一覧[編集]

脚注[編集]

  1. 羽鳥徳太郎, 片山通子、「日本海沿岸における歴史津波の挙動とその波源域」 『東京大学地震研究所彙報』 第52冊第1号、1977.11.30、pp.49-7,
  2. ネバド・デル・ルイス火山1985年噴火(コロンビア)”. 財団法人消防科学総合センター・消防防災博物館. 2015年5月1日確認。
  3. 泉龍院寛保津波の碑 せんりゅういんかんぽうつなみのひ”. 2020年11月8日確認。
  4. 崩れた大地震説 1741年の渡島西部大津波は「火山崩壊」
  5. 日本海東縁, 奥尻海嶺および周辺の大地震と海底変動”. 海洋研究開発機構(JAMSTEC) (1998年1月14日). 2003年7月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年12月3日確認。
  6. 日本海東縁海域の活構造およびその地震との関係Icons-mini-file acrobat.gif PDF (独)産業技術総合研究所 地質調査総合センター
  7. 渡島大島の大津波
  8. 渡島大島 有史以降の火山活動
  9. 相田勇:噴火により発生する津波の見積り:1741年渡島大島の場合 東京大学地震研究所彙報. 第59冊第4号, 1985.3.30, pp. 519-531
  10. 10.0 10.1 光明寺寛保津波の碑 こうみょうじかんぽうつなみのひ”. 2020年11月8日確認。
  11. 正覚院寛保津波の碑 しょうかくいんかんぽうつなみのひ - 文化庁
  12. 泉龍院寛保津波の碑 せんりゅういんかんぽうつなみのひ - 文化庁
  13. 法華寺寛保津波の碑 ほっけじかんぽうつなみのひ - 文化庁
  14. 無量寺寛保津波の碑 むりょうじかんぽうつなみのひ - 文化庁