宗壽寺 (加賀市)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宗壽寺(そうじゅじ)または、宗寿寺は、石川県加賀市大聖寺神明町の日蓮宗の寺。山ノ下寺社群の一つ。

元は真言宗の寺で、開基の日英が改宗した。1673年延宝元年)に法華坊(現在の加賀市大聖寺法華坊町)から、大聖寺川の流路変更のため現在地に移転した。加賀市指定文化財の山門は大聖寺藩の関所の門が払い下げられ移築されたもの。その脇にある加賀市指定天然記念物のスダジイには、スギヤマウルシウメモドキタブネズミモチハイイヌツゲツタウルシの7種類が着生している。鬼子母神星祭りは、毎年2月11日に行われ水被りの荒行で知られる。

宗寿寺の向いには九谷焼美術館がある。