宗光寺山門

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宗光寺山門(そうこうじさんもん)は、広島県三原市本町の中世仏教建築。

小早川隆景の居城である新高山城(現在の三原市本郷町)内の城門を1582年に移建したと伝える。規模が大きく木割も太い切妻造本瓦葺四脚門で蟇股等の細部に桃山時代(16世紀末頃)とみられる豪快な手法が使われる。1725年の火災でも焼失を免れている。1953年11月14日に重要文化財に指定された。