妙光寺三重小塔

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

妙光寺三重小塔(みょうこうじさんじゅうのしょうとう)は、新潟県新潟市西蒲区角田浜の近世木造仏塔。

江戸時代に建立され江戸時代末期に他寺から移築された木造三重チタン葺小塔。柱は円柱とし軒は尾垂木を付けた四手先組物で支え各重の軒が深く、三手と四手の間を軒支輪にして台輪中央の中備に蟇股を置き各重には高欄付きの縁を廻す。2004年(平成16年)の解体修復で建築当初は内外ともに総金箔張りであったことが判明した。参道脇の池泉の北岸に建ち境内景観を形成する。

外部リンク[編集]