如意寺鐘楼

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

如意寺鐘楼(にょいじしょうろう)は、愛知県豊田市力石町黒見の寺院建築。登録文化財

宝暦5年(1755年)頃に建立された単層の入母屋造、桟瓦葺の鐘楼で、石積基壇上に建っている。沓石に内転びに角柱が立ち、四方を吹き放ち、腰貫、飛貫、頭貫で固め、台輪を廻らせる。組物を出三斗、中備が蟇股で、内部は四辺中央から腕木を出し、上部に菱形枠の鏡天井を張り、周囲を格天井とし、妻飾は虹梁大瓶束、軒は二軒繁垂木である。本堂書院山門太鼓楼とともに、平成25年3月29日登録された。