天平建築

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天平建築(てんぴょうけんちく)は、天平時代に出現した寺院の建築様式の一つ。薬師寺東塔に代表される白鳳建築を和様化しさらに発展させた。この後平安時代を通して軸組の太さや間取りなどを除けば建築様式にはほとんど変化がない。現存例として、法隆寺東院伝法堂、夢殿、経蔵、食堂及び細殿、東室、東大門、東大寺法華堂、転害門、本坊経庫等、手向山神社宝庫、正倉院正倉、唐招提寺金堂、講堂、経蔵、宝蔵、新薬師寺本堂、元興寺五重小塔、海龍王寺西金堂、五重小塔、当麻寺東塔、永山寺八角堂などがある。