大沢あかね

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本のアイコン.png この記事は全体が[ソース求む!]の状態のようです。
情報源をご存知の方は是非紹介してください。(強制ではありません。)
おおさわ あかね
大沢 あかね
本名川島 茜
かわしま あかね
生年月日1985年8月16日(36歳)
出生地日本国旗.png日本大阪府大阪市大正区
身長160 cm
血液型O型
職業タレント
ジャンルバラエティ
活動期間1994年 -
配偶者劇団ひとり
主な作品
テレビドラマ
てるてる家族
バラエティ
天才てれびくんワイド
備考
天才てれびくんてれび戦士(1999年度)
tomboy(2007年)

大沢 あかね(おおさわ あかね、1985年昭和60年〉8月16日[1] - )は、日本のタレントである。本名、川島 茜(かわしま あかね)。愛称は、あかねちん

大阪府[1]大阪市大正区出身。テンカラット所属。夫はお笑い芸人の劇団ひとり

祖父はプロ野球選手で、日本ハムファイターズ(現・北海道日本ハムファイターズ)監督や球団常務を歴任した大沢啓二(次項参照)[1]。プロ野球選手の大沢清大沢紀三男は大伯父(啓二の兄)にあたる。啓二は母方の祖父であり、大沢姓は芸名である[2]

略歴[編集]

1994年平成6年)、子役モデルとして芸能界デビュー。2001年(平成13年)以降、学習研究社発行の雑誌(2004年(平成16年)5月まで『ピチレモン』、以後『Fapri』)にて専属モデルを務めていたが、2010年(平成22年)現在モデルとしての活動はほとんど行っていない。2009年(平成21年)2月4日、自叙伝『母ひとり、娘(こ)ひとり』を幻冬舎から出版する。同年2月16日、劇団ひとりとの結婚を発表。2月17日、婚姻届を提出[3]。2010年(平成22年)3月2日、妊娠を発表[4]、9月8日に第1子となる女児を出産。2016年(平成28年)2月10日、第2子妊娠を発表[5]。同年7月13日、第2子男児を出産[6]。2018年(平成30年)10月9日、第3子妊娠を発表[7]。2019年(平成31年)3月5日、第3子女児の出産を報告[8]

人物[編集]

9歳から子役モデルとして活動。その後も大沢啓二が各タレント事務所に売り込みタレント活動も開始。13歳の時に、NHKの人気子供番組『天才てれびくん』の1999年(平成11年)度てれび戦士となり注目を集める[9]。2001年(平成13年)以降、学習研究社発行の雑誌(2004年(平成16年)5月まで『ピチレモン』、以後『Fapri』)にて専属モデルを務めていたが、2010年(平成22年)現在モデルとしての活動はほとんど行なっていない。「将来はお笑い芸人を目指す」と発言し、中島知子オセロ)が目標と語る。自ら編み出した持ちギャグもいくつかあり、「(右肘をさすりながら)こっちはジーコ、(左肘をさすりながら)こっちはフィーゴ(この一連の動きを2回繰り返す)、(股間を指差しながら)じゃあこっちは?…(一呼吸置いて股間付近をさする手つきで)ベッケンバウアー♪」などがある。ラサール石井上島竜兵寺門ジモンなどと同様、祖父の啓二が東京出身であることもあり、関西出身にもかかわらず、全国ネットの番組では標準語で話している。『クイズ!紳助くん』など関西ローカルの番組に出演する際は関西弁を使うことが多い。ハイヒールモモコとは旧知の仲で、関西ローカルの番組では共演が多い。モモコの長男である仁一郎と同じ託児施設に預けられていたという事で、当時小学生だった彼女は彼の面倒もよく見ていたという話もあり、母親であるモモコとの面識も深い。母親がある時期から家事を放棄したため、炊事、洗濯、掃除をすべてこなすようになったそうである。同じような境遇であるからか、若槻千夏に可愛がられている様子が若槻のブログで述べられる。料理の腕は優秀な方で、2007年(平成19年)5月23日放送『愛のエプロン』の「スピード料理バトル第2弾」では、予選お題の「7分でロールキャベツ作製」を見事にクリア。結果的には参加者4人の中で最下位に終わったものの、得点は79点と十分な評価を受けた。沖縄が大好きで、プライベートでは友人たちと沖縄料理などを食べに行くことで仕事の疲れなどをリフレッシュしている。2009年(平成21年)2月4日、自叙伝『母ひとり、娘(こ)ひとり』を幻冬舎から出版する。同月2月16日、劇団ひとりとの結婚を発表、翌17日の未明にそろって婚姻届を提出した[3]。2010年(平成22年)3月2日に妊娠を発表[4]、同年9月8日に第1子となる女児を出産した。

エピソード[編集]

  • クイズ!ヘキサゴンII』や『クイズ!紳助くん』にゲスト出演した際、なかなか正解を答えられず珍回答を連発することなどから、島田紳助には「じいちゃん(大沢啓二)は人に『喝!』ばっか言わんと孫に『喝!』言わんかい」などと言われている。啓二・あかねともお互いの活動について公の場で語る機会はほとんどない。
  • 一時期、お笑いタレント山本圭壱極楽とんぼ)との関係を写真週刊誌などで報じられたが、そのおかげでバラエティ番組での出演機会が増えたと後に語っている。初めて口説かれた芸能人は山本とのこと。『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系列)などにゲスト出演した際には、紳助が山本の件について質問するなど、ネタにされていた。
  • 好きな男性のタイプはオダギリジョー。「子どもの頃から右を見れば江夏、左を見れば張本という環境にいたため、強い男が好き」という発言もしている。
  • 若槻千夏やKABA.ちゃんはるな愛とは飲み仲間。芸歴は大沢の方が長いが年は若槻の方が上のため、若槻からは「先輩後輩」と言われている。最近では矢口真里とプライベートを共にすることが多い。
  • 2007年(平成19年)9月29日、TBS系列で放送された『オールスター感謝祭』の新コーナー「オールスター200人知名度調査」において、武田鉄矢から「(AV女優の)蒼井そら」と高らかに答えられ、ミニマラソンを走る結果となった。
  • ソニンと結成したユニット『tomboy』で、シングル「Superstar」を2007年(平成19年)11月14日にリリースした。
  • 結婚以前から、劇団ひとりとの関係は周知の事実ではあったが、ひとりの芸名をもじって、紳助や『クイズ!ヘキサゴンII』の演出・プロデューサーで知られる神原孝には結婚前後に「劇団ふたり」とイジられることがあった。

クイズ!ヘキサゴンII[編集]

香田晋とともに2005年(平成17年)の『今夜はクイズパレード』時代から出演している常連「おバカタレント」。初出演となった2005年(平成17年)8月24日放送分では5点を取りいきなり最下位に。ちなみにこの成績は当時のワースト2(ワースト1は若槻千夏の4点)の成績である。初出演回での「行列早抜けリレークイズ」では他のチームより一足先にアンカーとして登場し、初めは相手が第3回答者と第4回答者だったにも関わらず、トンチンカンな回答を連発し結果18問も詰まった末に優勝を逃してしまった。当初は最下位争いの常連だったが、里田まいら多数の「おバカタレント」が常連出演するようになりアンカーになる機会も減少するようになった。その後番組出演はいったん途絶えたが、2008年(平成20年)2月から再び不定期出演する。2009年(平成21年)、「ヘキサゴンオールスターズ」の「泣いてもいいですか」にも参加しており、さらに初のユニットとして「矢口真里とストローハット」にも加わった。2組目のスザンヌ×スザンぬではスザンぬ扮する榊原の声を担当。2010年(平成22年)7月以降出演する事はなく最終回(2011年(平成23年)9月28日放送分)にも一切出演しなかったが、2011年(平成23年)11月23日発売の『WE LOVE ヘキサゴン 2011』には「矢口真里とストローハット」のメンバーとして参加した。

作品[編集]

シングル[編集]

映像作品[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

バラエティ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

  • 体験!メディアのABC(2000年、NHK教育)
  • おもいッきりイイ!!テレビ(2007年10月 - 2009年3月、日本テレビ)- 木曜パートナー
  • テレビでハングル講座(2011年、NHK教育)- 生徒 役
  • 平成25年消防出初め式(2013年1月6日、NHK総合)
  • ディズニーリゾート ゴクトク10(2013年6月 - 、ディズニー・チャンネル) - MC
  • キャスト(2013年10月28日 - 2015年3月、朝日放送)- 月曜コメンテーター
  • おはよう日曜診療所(2014年4月6日 - 2015年3月22日、BS日テレ) - 勤務医・永友薫 役
  • Lifeサプリ〜かしこくなるTV〜(2014年10月4日 - 2015年9月26日、BS日テレ) - MC
  • 情報まるごとキッチン(2015年10月11日 - 、BS日テレ) - MC
  • スッキリ!!(2010年12月 - 2018年12月、日本テレビ) - 水曜コメンテーター

ネット配信[編集]

  • 応急手当WEB講習(一般市民向け、2012年度 - 、総務省消防庁)進行 - 全国の消防本部等が一般市民向けe-ラーニング教材として広く公開、使用しているもの[11]

ラジオ[編集]

CM[編集]

劇場アニメ[編集]

書籍[編集]

  • 母ひとり、娘(こ)ひとり(2009年、幻冬舎

雑誌連載[編集]

  • ピチレモン(2001年 - 2004年、学習研究社)モデル
  • Fapri(2004年 - 2005年、学習研究社)モデル

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. 1.0 1.1 1.2 高倉文紀; 小波堂; 北川昌弘; 松井俊夫; 山下剛一; 渡辺水央、小松克彦, オフィスK21編 『Jr.アイドルPERFECT名鑑 : 小中学生子役・美少女タレント完全データブック』、東京: ティーツー出版1999年2月10日、130頁。ISBN 4-88749-704-0NCID BA41731408NDL99061338 
  2. 週刊文春』2007年4月12日号、41ページ
  3. 3.0 3.1 “「明るい家庭を」劇団ひとり&大沢あかねが大安婚”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2009年2月17日. http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/02/17/kiji/K20090217Z00001460.html 2016年7月15日閲覧。 
  4. 4.0 4.1 “劇団ひとり&大沢あかね夫妻が第1子妊娠を報告 「劇団ふたりに子役が仲間入りしそう」”. オリコン. (2010年3月2日. http://beauty.oricon.co.jp/news/73879/full/ 2011年2月15日閲覧。 
  5. “大沢あかね第2子妊娠5ヶ月 今夏“劇団4人”に!”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年2月10日. http://www.oricon.co.jp/news/2066616/full/ 2016年2月10日閲覧。 
  6. “劇団ひとり&大沢あかね夫妻に第2子男児・○○くん誕生”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年7月15日. http://www.oricon.co.jp/news/2075153/full/ 2016年7月15日閲覧。 
  7. “劇団ひとり&大沢あかね夫妻に第3子”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年10月9日. https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/09/kiji/20181009s00041000200000c.html 2018年10月9日閲覧。 
  8. “劇団ひとり&大沢あかね夫妻に第3子女児誕生「家族5人、新たな気持ちで精進して参ります」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年3月5日. https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/05/kiji/20190305s00041000185000c.html 2019年3月5日閲覧。 
  9. 9.0 9.1 小中学生の心をつかんで20年以上!『天才てれびくん』”. NHKアーカイブス. NHK放送史(動画・記事). 日本放送協会. 2021年4月25日確認。
  10. 後に2009年度に行われた「ETV50 天才てれびくんMAXスペシャル in NHKホール Dreaming 〜時空をこえる希望の歌〜」に卒業戦士として出演している。
  11. “「応急手当講習用(e-ラーニング)WEB コンテンツ」の公表” (PDF) (プレスリリース), 総務省消防庁, (2012年3月9日, http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/h24/2403/240309_1houdou/01_houdoushiryou.pdf 2020年3月4日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 高倉文紀; 小波堂; 北川昌弘; 松井俊夫; 山下剛一; 渡辺水央、小松克彦, オフィスK21編 『Jr.アイドルPERFECT名鑑 : 小中学生子役・美少女タレント完全データブック』、東京: ティーツー出版1999年2月10日、130頁。ISBN 4-88749-704-0NCID BA41731408NDL99061338 

外部リンク[編集]


天才てれびくん
1993年(平成5年)度
1994年(平成6年)度
クリスティ1 - 須山彩 - 栗山祐哉 - 清野努 - 小林一裕 - 山口美沙 - ジェニファー・ハースト - 田原加奈子 - 中條慎太郎
1995年(平成7年)度クリスティ1 - 須山彩 - 漆野友美 - 栗山祐哉 - 小林三義 - 清野努 - 三星眞奈美 - 阿部七絵 - 小林一裕 - 山口美沙 - ウエンツ瑛士 - 斉藤拓実 - 田原加奈子 - 中條慎太郎 - ジェニファー・ハースト - 渋谷桃子 - 相ヶ瀬龍史
1996年(平成8年)度栗山祐哉 - 鈴木愛可 - 保里優紀 - 阿部七絵 - 生田斗真 - 大塚清華 - 佐藤北斗 - 篠原麻里 - ジェニファー・ペリマン - 伊東亮輔 - ウエンツ瑛士 - 坂田慎一郎 - ジャスミン・アレン - 前田亜季 - 棚橋由希 - 相ヶ瀬龍史 - 饗場詩野
1997年(平成9年)度阿部七絵 - 生田斗真 - 篠原麻里 - ジェニファー・ペリマン - 伊東亮輔 - ウエンツ瑛士 - ジャスミン・アレン - 前田亜季 - 伊藤俊輔 - 棚橋由希 - 松川佳以 - 相ヶ瀬龍史 - 海道亮平 - 田中樹里 - 橋田紘緒 - 松浦顕一郎 - 饗場詩野
1998年(平成10年)度ウエンツ瑛士 - ジャスミン・アレン - 伊藤俊輔 - 棚橋由希 - 松川佳以 - 海道亮平 - ジェームス・マーティン - 田中樹里 - 橋田紘緒 - 松浦顕一郎 - 饗場詩野 - 安藤奏 - 佐久間信子 - 有紗2 - 中田あすみ - 山元竜一
天才てれびくんワイド
1999年(平成11年)度石部里紗 - ウエンツ瑛士 - 大沢あかね - ジャスミン・アレン - 伊藤俊輔 - 棚橋由希 - 橋田紘緒 - ジェームス・マーティン - 福田亮太 - 饗場詩野 - 有紗2 - 佐久間信子 - 中田あすみ - モニーク・ローズ - 山元竜一 - 安斎舞3 - 徐桑安 - 須田泰大
2000年(平成12年)度伊藤俊輔 - 石田比奈子 - 逵優希 - 橋田紘緒 - 福田亮太 - 饗場詩野 - エバンス太郎 - 熊木翔 - 佐久間信子 - 有紗2 - 中田あすみ - モニーク・ローズ - 俵有希子 - 松下博昭 - 山元竜一 - 安斎舞3 - 徐桑安 - ローブリィ翔 - 村田千宏4 - 須田泰大
2001年(平成13年)度エバンス太郎 - 熊木翔 - 有紗2 - 中田あすみ - モニーク・ローズ - 岩井七世 - 俵有希子 - 村上東奈 - 山元竜一 - 安齊舞3 - 井出卓也 - 竪山隼太 - 俵小百合 - 松井蘭丸 - ローブリィ翔 - 村田千宏4 - 中村有沙 - 八木俊彦 - 豕瀬志穂
2002年(平成14年)度熊木翔 - 岩井七世 - 俵有希子 - 村上東奈 - 山元竜一 - 安齊舞3 - 井出卓也 - 白木杏奈5 - 俵小百合 - ブライアン・ウォルターズ - 松井蘭丸 - 飯田里穂 - 堀江幸生 - マイケル・メンツァー6 - 村田ちひろ4 - ローブリィ翔 - ジョアン7 - 中村有沙 - 豕瀬志穂 - 八木俊彦
天才てれびくんMAX
2003年(平成15年)度岩井七世 - 山元竜一 - 井出卓也 - 白木杏奈5 - 俵小百合 - ブライアン・ウォルターズ - 飯田里穂 - ド・ランクザン望 - 堀江幸生 - 堀口美咲 - Mikey6 - 前田公輝 - 村田ちひろ4 - ジョアン7 - 中村有沙 - 豕瀬志穂 - 桜井結花 - 八木俊彦 - 近藤エマ - 張沢紫星 - 樹音8
2004年(平成16年)度白木杏奈5 - 井出卓也 - 飯田里穂 - ド・ランクザン望 - 堀江幸生 - 前田公輝 - 村田ちひろ4 - コウタ・レイシー9 - バーンズ勇気 - 篠原愛実 - ジョアン7 - 中村有沙 - 伊倉愛美 - 髙橋郁哉 - チアキ・レイシー10 - 橋本甜歌 - 浅野優梨愛 - 近藤エマ - 張沢紫星 - 樹音8
2005年(平成17年)度飯田里穂 - ド・ランクザン望 - 前田公輝 - 村田ちひろ4 - コウタ・レイシー9 - 篠原愛実 - バーンズ勇気 - 伊倉愛美 - 木内江莉 - 髙橋郁哉 - 永島謙二郎 - 橋本甜歌 - 浅野優梨愛 - 一木有海 - 木内梨生奈 - 木村遼希 - 近藤エマ - チアキ・レイシー10 - 藤本七海 - 笠原拓巳 - 樹音8 - ライアン11
2006年(平成18年)度コウタ・レイシー9 - 篠原愛実 - バーンズ勇気 - 伊倉愛美 - 大木梓彩 - 木内江莉 - 髙橋郁哉 - 永島謙二郎 - 橋本甜歌 - 一木有海 - 木内梨生奈 - 木村遼希 - チアキ・レイシー10 - 日向滉一 - 藤本七海 - 細川藍 - 渡邊エリー - 笠原拓巳 - 樹音8 - 小関裕太 - 千葉一磨 - ライアン11 - 細田羅夢 - 加藤ジーナ
2007年(平成19年)度一木有海 - 木内梨生奈 - 木村遼希 - チアキ・レイシー10 - 日向滉一 - 細川藍 - 渡邊エリー - 笠原拓巳 - 川﨑樹音8 - 小関裕太 - 千葉一磨 - 長谷川あかり - 藤井千帆 - 藤田ライアン11 - 細田羅夢 - 渡邉聖斗 - 荒木次元 - 加藤ジーナ - 鍋本帆乃香 - 丸山瀬南 - メロディー・チューバック - 吉野翔太 - ベンジャミン12 - 松尾瑠璃
2008年(平成20年)度笠原拓巳 - 川﨑樹音8 - 小関裕太 - 武田聖夜 - 千葉一磨 - 長谷川あかり - 藤井千帆 - 細田羅夢 - 渡邉聖斗 - 荒木次元 - 加藤ジーナ - 重本ことり - 島田翼 - 鍋本帆乃香 - 丸山瀬南 - メロディー・チューバック - 山田樹里亜 - 吉野翔太 - 伊藤元太 - 田中理来 - 中村あやの - 水本凜 - ベンジャミン12 - 木村遼
2009年(平成21年)度笠原拓巳 - 武田聖夜 - 千葉一磨 - 長谷川あかり - 藤井千帆 - 荒木次元 - 加藤ジーナ - 齊藤稜駿 - 重本ことり - 鈴木美知代 - 鍋本帆乃香 - メロディー・チューバック - 脇菜々香 - 伊藤元太 - 中村あやの - 平田真優香 - 水本凜 - 渡辺青來 - 上妻成吾 - 木村遼 - 鈴木純一朗 - 鎮西寿々歌 - 長江崚行 - 白坂奈々
2010年(平成22年)度上原陸 - 齊藤稜駿 - 當山優奈 - 脇菜々香 - 伊藤元太 - 風戸蘭七 - 木島杏奈 - 野村翔 - 松岡美羽 - 水本凜 - 三井理陽 - 矢部昌暉 - 鎮西寿々歌 - あかり13 - 長江崚行 - 中村嘉惟人 - 浅野優惟 - 小川向陽 - 金子凜太朗 - 斎藤アリーナダイアナ14 - 白坂奈々 - 田代ひかり - 岡田結実 - 椋木ホセマルティン15
大!天才てれびくん
2011年(平成23年)度木島杏奈 - 矢部昌暉 - 浅賀玲音 - 鎮西寿々歌 - あかり13 - 長江崚行 - ファデン咲美亜 - 岡田結実 - 勝隆一 - 島田太一 - 椋木ホセマルティン15 - 延命杏咲実
2012年(平成24年)度浅賀玲音 - 鎮西寿々歌 - あかり13 - 長江崚行 - 金子隼也 - ニイナ16 - 岡田結実 - 島田太一 - ソーズビー航洋 - 黒澤美澪奈 - 竹原司 - 山田陶子 - 延命杏咲実
2013年(平成25年)度金子隼也 - ニイナ16 - 岡田結実 - 島田太一 - ソーズビー航洋 - 中里萌 - 野田真哉 - 黒澤美澪奈 - 竹原司 - 中尾美晴 - 山田陶子 - 相澤侑我 - 延命杏咲実
Let's天才てれびくん
2014年(平成26年)度
2015年(平成27年)度
赤崎月香 - 齋藤茉日 - 辻村晃佑 - 瀧澤翼 - 飯島緋梨 - 小西憧弥 - 林タケル17 - 原田明莉 - 小澤竜心 - 桐畑カレン - 笹原尚季 - 杉本瑛
2016年(平成28年)度瀧澤翼 - 飯島緋梨 - 林タケル17 - 原田明莉 - 小澤竜心 - 桐畑カレン - 黒川桃花 - 皆川寧々 - 稲垣芽生 - 柿澤仁誠 - 久保みのり - 胡内奏芽 - 辻晴仁
天才てれびくんYOU
2017年(平成29年)度原田明莉 - 小澤竜心 - 黒川桃花 - 皆川寧々 - 向鈴鳥 - 久住健斗 - 玉城美海 - 稲垣芽生 - 柿澤仁誠 - 堰沢結衣 - 辻晴仁 - 齋藤泰世 - 船越夏子
2018年(平成30年)度小澤竜心 - 皆川寧々 - 向鈴鳥 - 久住健斗 - 玉城美海 - 佐々木ゆら - 堰沢結衣 - 辻晴仁 - 冨士原生 - 芹奈18 - 齋藤泰世 - 船越夏子 - ギュナイ滝美
2019年(平成31年・令和元年)度久住健斗 - 玉城美海 - 佐々木ゆら - 堰沢結衣 - 辻晴仁 - 冨士原生 - 芹奈18 - 小田菜乃葉 - 川岸釈天 - 齋藤泰世 - 岸蒼太 - ギュナイ滝美 - 筧礼
天才てれびくんhello,
2020年(令和2年)度佐々木ゆら - 冨士原生 - 芹奈18 - 溝口元太 - 阿比留照太 - ギュナイ滝美 - 坂上悠真 - ソニア19 - 稲毛眞生 - 大谷紅緒 - 筧礼 - 谷川理音 - 松尾そのま
2021年(令和3年)度芹奈18 - 溝口元太 - 阿比留照太 - ギュナイ滝美 - 坂上悠真 - ソニア19 - 稲毛眞生 - 大谷紅緒 - 筧礼 - 勅使河原空 - 布施麻理亜 - 松尾そのま - 香月萌衣
1クリスティはてれび戦士名、クリスティー・コーサル。
2有紗はてれび戦士名、ダーブロウ有紗。
3安斎舞は2000年度途中で芸名・てれび戦士名を安齊舞に変更。
4村田千宏は2001年度に芸名・てれび戦士名を村田ちひろに変更。
5白木杏奈は2004年度卒業直前に杏奈に芸名変更。
6マイケル・メンツァーは2002年度途中でMikey(マイキー)に芸名変更。
7ジョアンはてれび戦士名、ジョアン・ヤマザキ。
8樹音はてれび戦士名、川﨑樹音(かわさき じゅね)。2007年度にてれび戦士名のものに芸名変更。
9コウタ・レイシーはてれび戦士名、洸太レイシー(こうた レイシー)。
10チアキ・レイシーはてれび戦士名、千秋レイシー(ちあき レイシー)。
11ライアンはてれび戦士名、藤田ライアン。2006年度途中でてれび戦士名のものに芸名変更。
12ベンジャミンはてれび戦士名、ミッチェル・ベンジャミン。
13あかりはてれび戦士名、寺田朱里エステル(てらだ あかり エステル、2010年度)、寺田朱里(てらだ あかり、2011年度から2012年度)。
14斎藤アリーナダイアナはてれび戦士名、斎藤安里奈ダイアナ(さいとう アリーナ ダイアナ)。
15椋木ホセマルティンは2011年度にてれび戦士名を椋木マルティンに変更。
16ニイナはてれび戦士名、長谷川ニイナ(はせがわ ニイナ)。
17林タケルはてれび戦士名、林武尊(はやし たける)。
18芹奈はてれび戦士名、梅田芹奈(うめだ せりな)。
19ソニアはてれび戦士名、マウスソニア。
他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦アンサイクロペディア