善覚稲荷神社本殿

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

善覚稲荷神社本殿(ぜんかくいなりじんじゃほんでん)は、岡山県真庭市木山字金谷平の社殿。登録文化財

大正8年建立、切妻造、銅板葺、平入で、四周に縁を廻せ、垂木を吹寄とする等、外観を境内の他の建物と共通する要素でまとめる。壁を二重に張り、柱は外側を円柱、内側を角柱とし、天井は格天井である。江川三郎八の設計による特色ある社殿建築となっている。昭和37年移築された。