原家住宅茶室

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原家住宅茶室(はらけじゅうたくちゃしつ)は、神奈川県平塚市土屋字秦ノ前の民家の茶室。登録文化財

寄棟造、茅葺の木造で、北側に土間と水屋、南側に六畳台目の茶室を配し、南面の西半に腰掛待合を付する。茶室は西面が床、南面は貴人口とし、天井を舟底天井とし、皮付材を多用して野趣に富んだ意匠でまとめており、近代における上層農家の暮らしの一端を伝える。