千暁寺本堂

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千暁寺本堂(せんぎょうじほんどう)は、広島県広島市南区宇品海岸の仏堂。被爆建物

概要[編集]

昭和10年10月に建立された八間四面、外陣八十畳の木造建築で、昭和20年(1945年)8月6日午前8時15分の核攻撃で被災した。この時東側に傾き半壊、瓦はずれ落ち屋根が浮き上がり建具も散乱したが、倒壊は免れて被災者の救護や犠牲者の供養に使用された。

備考[編集]

  • 千暁寺山門 昭和49年に解体され鐘楼門となった。
  • 千暁寺納骨堂 鉄筋コンクリート造の被爆建物であったが、平成23年に老朽化を理由に解体されて現存しない。

日照山暁寺公式[編集]