北海道空港改造計画

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
内容に関する意見が出されています。
議論は「トークページ」で行われています。
架空の内容
この記事は富良野国際空港という架空の空港から派生した内容のものです。実在の組織・団体と直接的な関係はありません。

北海道空港改造計画とは、インバウンド需要が大幅に上昇した北海道において、観光客を受け入れ体制を大幅に上げるが為に空港を新設、大幅拡張した計画である。

新川空港[編集]

北海道の首都である札幌市から一番近い空港は新千歳空港であった(正式には札幌丘珠空港が札幌市内にあるが、圧倒的に小規模な空港なため割愛)

しかし、新千歳空港は札幌市内から40kmととても離れており交通の便ではとても不便であった。

そこで、この計画の中に市内へのアクセスが容易な空港を造ることが盛り込まれた。

候補地として、石狩湾沖などが挙げられたが工事費用の問題があり用地の確保が問題となっていたが、空港の建設として比較的平坦であり、かつ市内に近い札幌市の新川地区が空港の建設地となった。

これに対し市民は猛反発したが、まぁなんとか建設できたのことだ。

新川空港は騒音低減のため、国際線の乗り入れを禁じ、国内線限定で運用している。いわば大阪府の伊丹空港のような感じだ。

新千歳空港[編集]

これまで北海道一の規模を誇っていた新千歳空港だが、札幌市内に新川空港が建設されるとのことで道は一時期、廃港も視野に入れていたようだが、更に大幅に拡張して成田空港に匹敵するほど巨大な空港となった。