加藤武男

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
この記事の処遇についてに関する意見が出されています。
議論はノートページで行われています。

加藤 武男(かとう たけお、1927年 - 2009年9月11日)は、50年以上の間、新宿ゴールデン街を中心に活躍した流し。高橋錦吉の命名による[1]マレンコフの愛称で知られた[脚註 1][2][3]埼玉県大宮市出身[4][5]

1927年生まれ、埼玉県の軍需工場で終戦を迎え、戦後は劇団のバンドとして巡業、一度は郵便配達の仕事に就くも1949年、音楽を志して新宿で流しを始める[1][6]。レパートリーは3000曲、戦前の歌謡曲からロシア民謡、軍歌や革命歌などリクエストにこたえて歌い続けた[7]。客が曲目を注文すれば、演歌、軍歌、民謡まで2000曲以上の載った分厚い歌本から、そのページ数を即答した[4][8]。音程や速さを合わせるのみならず、妻を喪ったという男性客からの注文での演奏では、その声色に合わせて悲しげな音程に変えることもあり、そうした配慮から「うちにはカラオケは不要」という店主もいた[4]

楽器は当初はギターであったが、腱鞘炎で腕を傷めたためにアコーディオンに変え[9]、アコーディオンでも独特の音色が好評であった[10]。アコーディオンの重さによる肩の負担から、再びギター演奏となり[9][11]、「体がもたない」と言いながらも「歩ける限り、この仕事はやめない」と仕事を続けた[11]。1971年には岐阜県での「全日本フォークジャンボリー」に、フォーク歌手の岡林信康と共にステージに立ち、2万人の観衆を前に伴奏した[5]

ゴールデン街では、加藤に逢いたい客が来店しても加藤が来ず、客が帰ってから加藤が現れるというすれ違いが続いたことから、1984年頃には、ゴールデン街の店舗の店員たちからポケットベルを持たされた[5]。「座敷が途切れることのないように」との配慮で、そうした店員たちの優しさにも支えられた[6]

小説家の佐木隆三からは「風格のあるスターで、近寄りがたかった」、放送作家の高田文夫からは「人間的な優しさや温かさがあり、何万曲のレパートリー、何を歌ってもすぐに合わせてくれた」、漫画家の高信太郎からは「会えば楽しいし、いないと寂しい、ゴールデン街の象徴的な存在」と評された。梶山季之や田中小実昌といった新宿の文化人らに愛され[10]、田中は「空気みたいなもの、新宿で飲む時は必ず呼ぶ[11]」と語っていた。漫画家の滝田ゆうも「ゴールデン街の宝」として、自身の漫画に頻繁に登場させた[10]

1980年代末頃には「ゴールデン街の名物」として、テレビや雑誌からの取材も増えた[12]。1989年には新宿の駅ビルで、芸能生活40年を祝う会が開催された。発起人は田中小実昌、小説家の北方謙三、イラストレーターの黒田征太郎を始め[6]、常連客211人と酒場32軒が名を連ねた[5]。1990年代末頃には本名を知る客も減り、マレンコフの名で通した[10][11]

2009年6月には入退院を繰り返す身となり[12]、同年8月末にも肝硬変で入院[13]。同年9月、82歳で死去[2]。通夜にはゴールデン街の人々が何十人も駆けつけ、遺族を驚かせた[12]

その生涯は2010年、テレビ番組などを手掛けるドキュメンタリー監督の大上典保により、ドキュメンタリー『NAGASHI その名はマレンコフ』として映画化された[14]。大上は「寡黙で地味だけど、誰からも愛される不思議な魅力があった」と、その人柄を偲んだ[12]

脚註[編集]

註釈[編集]

  1. マレンコフの愛称は、口数少なくいつも口をへの字に結んでいた、加藤の顔がゲオルギー・マレンコフに似ていたことからついたという[2]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 マレンコフのギター 堀江朋子 古澤襄「杜父魚ブログ」2008年7月6日更新、2020年11月16日閲覧
  2. 2.0 2.1 2.2 昭和には「流し」という生き方があった…(週刊朝日 2016年9月2日配信)2020年11月10日閲覧
  3. 『流し歌手・パリなかやまさん 恵比寿の夜に笑顔咲かせ』(毎日新聞 2019年5月22日 東京版夕刊)
  4. 4.0 4.1 4.2 溝井守 (1999年11月20日). “裏通り「流し」半世紀「マレンコフ」72歳現役 2800曲の人生” (日本語). 読売新聞 (読売新聞社): p. 15 
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 “流しのマレンコフ、新宿の戦後伴奏し45年 きょう常連客らが祝う会” (日本語). 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 14. (1994年6月25日 
  6. 6.0 6.1 6.2 “ギターで奏でた新宿40年 ゴールデン街の“マレンコフ”を祝福” (日本語). 朝日新聞: p. 30. (1989年6月18日 
  7. マレンコフ氏死去 桐野作人「膏肓記」2009年9月18日更新、2020年11月16日閲覧
  8. 石田博士 (2009年9月17日). “DAYS 新宿流し60年、マレンコフ逝く” (日本語). 朝日新聞: p. 14 
  9. 9.0 9.1 中沢穣 (2009年11月4日). “TOKYO発 ゴールデン街 流し60年 マレンコフへのアンコール 名物男の生き様 映画に” (日本語). 中日新聞 (中日新聞社): p. 28 
  10. 10.0 10.1 10.2 10.3 “酒に唄えば 惜別 マレンコフ=鈴木琢磨” (日本語). 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 5. (2009年9月18日 
  11. 11.0 11.1 11.2 11.3 黒尾透 (1999年10月2日). “流しの「マレンコフ」さん、きょう記念パーティー” (日本語). 毎日新聞 
  12. 12.0 12.1 12.2 12.3 “東京発 見よ流しの生きざま 新宿ゴールデン街 60年の歩み映画化” (日本語). 中日新聞 (中日新聞社): p. 3. (2009年11月17日 
  13. 細川卓 (2009年11月19日). “流しの生き様、映画化 東京・新宿の故マレンコフさん” (日本語). 朝日新聞: p. 15 
  14. ドキュメンタリー映画 「NAGASHI その名はマレンコフ」 霞が関ナレッジスクエア、2020年11月16日閲覧