佐々木岩次郎

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 岩次郎(ささき いわじろう、1853年嘉永6年) - 1936年昭和11年)12月29日)は、近代建築家山城国(現在の京都府)出身。

田中平兵衛木子棟斎に神社仏閣の建築技術を学び、伊東忠太と古社寺調査などを行って、平安神宮の実施設計などを行った。明治29年(1896年)に内務省古社寺保存計画嘱託となる。明治43年(1910年)に日英大博覧会東京館の設計監督のため渡英、大正6年(1917年)には、帝室技芸員となる。建設に参加した作品に、京都東本願寺本堂、芝増上寺大殿、嵐山法輪寺多宝塔などがある。