住吉神社楼門

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

住吉神社楼門(すみよしじんじゃろうもん)は、山口県下関市一の宮住吉の楼門登録文化財

入母屋造、檜皮葺、三間一戸楼門で、正面に付した奥行一間の庇は中国地方から九州地方に類例が散見される。上層は建ちを抑え、木割の大きい均整のとれた立面等に前身の室町時代の様式への指向を示しつつ、細部に明治時代らしい華やかさを備えている。