今村宮本殿

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今村宮本殿(いまむらぐうほんでん)は、岡山県岡山市北区今村の今村宮の社殿。県指定文化財。

桁行三間、梁間二間、 檜皮葺、三間社流造、正面 に唐破風造の向拝をつける。元和9年(1623年)の再建で、内部は、二本の中柱により内陣、外陣に分かたれ、奥に神座を設ける。神座の板戸、円柱上部、虹梁、長押等には極彩色で装飾を施した桃山様式が残されている。

今村宮は、宇喜多直家が岡山城の拡張のため、城内内山下の桜の馬場にあった三社明神を現在地に移転し、地元の鎮守であった八幡宮を合祀した。