仁風閣

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

仁風閣(じんぷうかく)は、鳥取県鳥取市東町の近代様式建築。

ネオ・ルネッサンス様式を基調とした木造二階建正面玄関ポーチ側面八角階段室付桟瓦及び銅板葺で正面の飾り破風など意匠が優れており細部まで保存もよい。皇太子の山陰行啓の際の宿舎として鳥取池田家14代池田仲博が城跡に建てたもので、設計は片山東熊、監督は橋本平蔵と伝わる。山陰地方に残る数少い明治時代の洋風建築の遺構として貴重である。