不動護国寺

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

不動護国寺(ふどうごこくじ)は、香川県三豊市仁尾町仁尾の真言宗御室派別格本山の寺。正式には大寧山不動護国寺覚城院と号する。本尊は千手観世音菩薩さぬき三十三観音霊場19番札所。

歴史[編集]

弘仁10年(819年)弘法大師空海により七宝山の麓に創建されたと伝わる菩提心院が起源。応永年間(1394年 - 1427年)に、増吽僧正によって再興された。天正7年(1579年長宗我部氏の兵火によって焼失したが、その後再建された。宝永年間(1704年 - 1710年)には三等が、仁尾城跡の現在地に移転し、現在の寺号に改めた。

重要文化財[編集]

  • 覚城院鐘楼 - 桃山時代初期の桁行三間、梁間二間、袴腰付、入母屋造本瓦葺の鐘楼で、昭和22年(1947年)2月26日に旧国宝に指定された。

焼失した文化財[編集]

  • 不動護国寺木造観音立像 - 大正2年8月20日に旧国宝に指定された。昭和12年10月7日火災で焼失した。

外部リンク[編集]