三菱重工労働組合長崎造船支部

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

三菱重工労働組合長崎造船支部(みつびしじゅうこうろうどうくみあいながさきぞうせんしぶ)は、長崎県長崎市にある三菱重工業長崎造船所の労働組合。三菱重工労働組合の地区本部の一つ。通称は長船支部(ながせんしぶ)[1]

概要[編集]

1959年12月、左翼的労働運動を展開していた全日本造船労働組合三菱造船支部長船分会(長船分会)の中に全造船民主化グループ刷新同志会(通称:二八会)が結成された。1965年12月7日、前年に三菱日本重工業・三菱造船・新三菱重工業の3社が合併して三菱重工業が誕生したのを契機として、刷新同志会が三菱重工長崎造船労働組合(重工長船労組)を結成した。第1組合の全日本造船労働組合三菱重工支部長船分会から2007名が離脱して参加したいわゆる第2組合であり、労使協調路線を基本的立場とする。同年12月9日に重工長船労組は全造船を脱退した広島造船職員分会と共に三菱重工労働組合西日本連合会を結成し、1966年11月に三菱重工労働組合西日本連合会は3つの労働組合と共に三菱重工労働組合連合会を結成した。1968年11月に三菱重工労働組合連合会は単一組織化して三菱重工労働組合となり、重工長船労組は三菱重工労働組合長崎造船支部となった。

長崎で最も有名な労働組合といわれ、最盛期には1万6000人余りの組合員を擁した[1]。組合員数は2005年で約7000人(社員数は出向者含め7500人)[2]、2019年で3900人弱と減少している[1]。国税庁法人番号公表サイトによれば、2017年10月に三菱重工グループ労働組合連合会長崎地区本部に名称を変更した[3]。機関誌は『だんらん』。職場だけでなく地域にも配布した点が特徴であったが、2019年に郵送に切り替えられた[1]

なお長崎造船所には第1組合の全日本造船機械労働組合三菱重工支部長崎造船分会(長船分会)、左翼少数派労働運動で知られる第3組合の全国一般労働組合長崎地方本部長崎連帯支部長崎造船分会(長崎連帯長船労組)も存在していたが、前者は上部団体の全造船機械が2016年に解散しており、後者は2012年に現役の組合員が居なくなったために解散している。

組合選挙[編集]

1969年に小宮武喜民社党)を旧衆院長崎1区で初当選させてから地方議会を含め組織内議員を輩出し続けている[2]。1995年の統一地方選挙では、長崎県議会議員、長崎市議会議員、周辺の市・町議会、国会議員で計26人の組織内議員を当選させた。高木義明は1990年から衆院選に連続9期当選し、旧衆院長崎1区は「民主党の牙城」と呼ばれた。2019年時点でも地方議員を擁している[1]

選挙での組織力の鍵として、地域組織と後援会加入カードが挙げられる。小学校の校区ごとに「校区長」、町内会ごとに「地区長」、その下に班長を置き、市議会議員が複数の校区を「ブロック」にまとめている。このブロックや校区ごとに行事を開催したり[1]、校区長にビラ配りなどを差配させたりしている[2]。「後援会加入カード」は組合員1人につき10名のノルマが与えられる。また組合員が有給休暇を取得して選挙運動を行ったり、造船所の幹部が集会でマイクを握ったりすることもある[1]

組織内議員[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]