一乗寺妙見堂

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一乗寺妙見堂(いちじょうじみょうけんどう)は、兵庫県加西市坂本町の一乗寺の仏堂。重要文化財。

三間社流造、檜皮葺、浜床付で、高欄を欠く。蟇股、扉構に古様を留めるが、木鼻、組物、妻飾等の大部分は後補となっている。建立年代は明確でなく、細部に桃山時代様式もみられるが、建立は室町時代後期まで遡ると推定される。本堂後方の弁天道に接して建っている。