ヒタチナカリュウ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヒタチナカリュウは、スッポンである。

発見[編集]

2002年(平成14年)7月28日茨城県ひたちなか市平磯海岸で地質調査中だった小学校教諭である千葉県在住の男性によって、白亜紀後期の地層から骨の化石が発見された。化石のレプリカ[1][2][3]世界的な翼竜の研究家であるデイビッド・アンウィンへ送り鑑定を依頼したところ、翼竜の右肩甲骨の化石だと判明し、ヒタチナカリュウと命名された[4][5]

分類の再検討[編集]

2017年(平成29年)、茨城県自然博物館学芸員の男性が、論文を書き上げたお祝いとして、自らスッポンを捌き、鍋として妻と一緒に食べた。その際に、食べ終わったスッポンの骨がヒタチナカリュウの化石に似ていることに気づいた[2][3]。同じ地層からスッポンの化石が多数発掘されていたこともあり、気になって化石を再検討した結果、標本が翼竜類の肩甲骨ではなく,カメ類スッポン科)の上腕骨であるという新たな同定結果に至った[6]。 なお、再検討した結果としても、白亜紀のスッポンの化石としては国内最大級であると推定されている[1]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 “翼竜「ヒタチナカリュウの化石」 実は国内最大級のスッポンの骨”. 毎日新聞. (2021年2月9日. https://mainichi.jp/articles/20210209/k00/00m/040/305000c 2021年4月1日閲覧。 
  2. 2.0 2.1 “「ヒタチナカリュウ」は巨大スッポンだった きっかけは手料理”. 毎日新聞. (2021年2月11日. https://mainichi.jp/articles/20210210/k00/00m/040/144000c 2021年4月1日閲覧。 
  3. 3.0 3.1 庄司直樹 (2021年2月27日). “お墨付きの翼竜化石、スッポンの骨だった きっかけは鍋”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP2V7G12P2KUJHB00F.html 2021年4月1日閲覧。 
  4. 平磯白亜紀層 -アンモナイト化石発見の地層-Icons-mini-file acrobat.gif PDF”. ひたちなか市観光協会. 2021年4月1日確認。
  5. 大発見「平磯海岸に翼竜がいた」」、『市報ひたちなか』第201号、ひたちなか市2003年4月25日、 1頁、2021年4月1日確認。
  6. 加藤太一,薗田哲平,中島保寿,安藤寿男「上部白亜系那珂湊層群から産出した“翼竜類”(ヒタチナカリュウ)標本の分類学的再検討Icons-mini-file acrobat.gif PDF」 、『茨城県自然博物館研究報告』、茨城県自然博物館2020年9月6日、 43-55頁、2021年4月1日確認。

外部リンク[編集]