チャノキ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チャノキ(茶木、学名:Camellia sinensis。「中国の椿」の意)は、植物界種子植物門被子植物亜門双子葉植物綱ツバキ科常緑低木である。
葉の浸出液は飲用ともされ、食用ともされる。種は採油原料ともされる。
学名のとおり椿にも似て、「山茶花(サザンカ)」とも似る。品種としては、「やぶきた」「サヤマカオリ」などがある。

概要[編集]

日本国内では、もっぱら製茶用として栽培される。緑茶には(興奮・覚醒・利尿などの作用があり、コーヒーにも含まれる)カフェインや(革なめしに用いられ、収斂性の味があるため渋み成分とされる)タンニンおよびビタミンCなどが含まれる。製品は、飲料はお茶を参照。

特徴[編集]

薬効 利尿、解毒、鎮静      
利用部位 葉 
利用法 飲用または食用     
原産地 中国      
生活型 常緑低木
開花期 10月 - 11月      

歴史[編集]

喫茶の習慣は中国で始まり、世界に広まった。チャノキにまつわることで様々なことが発生した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]