ゴーストライター

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゴーストライターとは、本人に代わり、書籍や音楽などの作品を本人に代わり制作する職業。

概要[編集]

2014年、佐村河内守の問題で注目を浴びた職業であるが、氷山の一角でありプロの現場では珍しいことではないと言われている。

ゴーストライターが必要となる理由[編集]

書籍

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


音楽

日本では、主に歌謡曲で90年代前半までは歌手・作詞・作曲・編曲と分担するのが一般的であった。そのような制作スタイルから歌手は歌だけでも評価されたが、90年代中盤に入り作詞・作曲・編曲をトータルで担当するプロデュース業、自身で作詞をする歌手、自身で作詞・作曲まで行う若手シンガーソングライターが急増。このあたりから「作曲ができる歌手が天才」「歌手は無能でプロデューサーが天才」「歌や作詞は誰でもできる」という考え方が一般的になっていった。そのため自身で作詞または作詞・作曲ができることを売りにした若手歌手が何組もデビューするが、売り文句のためだけに制作能力のない歌手が作品を手がけた結果、中身のない作詞や聴くに耐えない曲も急増。これらのことからマーケティングの考えも作用しレコード会社の意向でゴーストライターに依頼してしまうのである。一方でアイドルは「見た目がよければいい」という従来の考え方が現在でも一般的で自作にこだわらないので、ゴーストライターとの関わりがなさそうだが、いつの時代においても著名な作曲家やプロデューサーが締切の問題や才能の枯渇した結果、弟子やスタッフに代作を頼み歌手に提供することが多く行われている。ただ、トータルで作品が作れしかも美人といった都合のいい人物が簡単に出てくるはずもないので、仕方がないとも言える。音楽を広い範囲で評価するようにしないリスナーにも問題があると言える。