カトリック富岡教会

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カトリック富岡教会(カトリックとみおかきょうかい)は、北海道小樽市富岡の教会堂。カトリック小樽教会富岡聖堂とも呼ばれる。

明治15年(1882年)に宣教師のフォーリーがカトリックの巡回布教を開始した。数度の聖堂建設のあと昭和4年(1929年6月30日に現在の建物が献堂された。内部は2層からなり、1階は集会室、2階が礼拝堂となっている。礼拝堂の白漆喰壁に映えるステンドグラスの色彩の光が印象的である。