お茶の水女子大学講堂

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

お茶の水女子大学講堂(おちゃのみずじょしだいがくこうどう)は、東京都文京区大塚の近代建築。徽音堂(きいんどう)とも呼ばれる。

1932年昭和7年)に完成した鉄骨鉄筋コンクリート造2階建で、一体化する構造で建設された本館と同様、外壁は全面にスクラッチタイル貼で、腰壁を万成石貼として統一的な意匠としているが、2階部分に2連アーチ窓が連続してより穏やかな外観にしている。2006年(平成18年)に歴史的価値の維持を基本に改修された。