おきなわワールド旧喜屋武家住宅主屋

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

おきなわワールド旧喜屋武家住宅主屋(おきなわわーるどきゅうきゃんけじゅうたくしゅおく)は、沖縄県南城市玉城字前川の沖縄民家建築。平成7年(1995年)におきなわワールドへ移築された。

明治時代後期に建築された寄棟造本瓦葺の木造平屋建で、建築主は旧具志頭議長や4代目村長を務めた。太平洋戦争中は沖縄戦で最も地上戦の激しかった場所でありながら、戦禍を逃れ奇跡的に残った建物である。一番座二番座前の廊下側の柱には、戦闘中に受けた砲弾の跡が生々しく残されるなど、歴史を物語る大変貴重な建造物である。平成7年に八重瀬町(旧具志頭村仲座)からおきなわワールドへ移築された。移築する際には、庭から2個の大きな不発弾が発見されている。