うまかろう安かろう亭

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Achtung.png 意見募集
内容に関する意見が出されています。
議論はノートページで行われています。

うまかろう安かろう亭(うまかろうやすかろうてい)は、かつてオウム真理教の関連会社である株式会社マハーポーシャが開いていた豚骨ラーメンチェーン。ここでは、オウムが経営していたその他の飲食店についても述べる。

概要[編集]

当初はオウム真理教との関係を隠して営業していたが、店内には、村井秀夫が首班となって開発したとされる空気清浄機コスモクリーナーが設置されていた。地下鉄サリン事件以降、オウム真理教の関連企業であることが報道されるようになると、開き直ったかのようにオウム真理教関連のビラ書籍を置くようになった。麻原が逮捕された直後は、深夜遅くにオウム真理教の歌を店外にまで聞こえるほどの大ボリュームで流していた。

従業員はすべてオウム真理教の信徒でまかなわれており、店での労働を「ワーク」と称する修行の一環として行っていたため、人件費はほとんどかかっていない。この経営スタイルは、パソコン店でも同じように行われていた。ただし、税務上の問題から、従業員には「一定の賃金を支払った」とする形にはなっており、そこから布施という体裁をとることで、教団に還元させるシステムだった。

創業年は不明だが、1995年5月麻原彰晃逮捕されたことに伴い、直後に閉店・廃業に追い込まれている。

その他の飲食店[編集]

オウム教団はうまかろう安かろう亭以外にも、喫茶店「うまかっちゃん」やカレー屋「運命の時」を出店していたが、ラーメンやカレーのメニューの内容は有名店のコピー・盗用なものや宗教的なものとなっていた。また、アストラルドリンクという独特の飲料なども提供していた。また、この他にオウムの名前を全面的に出した弁当屋「オウムのお弁当屋さん」やスナック「オウムのスナック屋さん」も運営しており、こちらは麻原彰晃の顔のイラストをトレードマークにしていた。因みに弁当屋は教団内においては閑職であったというが、麻原が仕事の意義について説くと信者は納得して仕事に励んだと伝わる。『ルックルックこんにちは』(日本テレビ系列)の司会者であった岸部四郎麻原彰晃へのインタビューを行った際、オウムのお弁当屋さんの常連客であったことを告げたところ、それまで教祖然としていた麻原が急に表情を緩め、普通の人になったという。

メニュー[編集]

うまかろう安かろう亭[編集]

  • アストラルドリンク - 教団独自の飲料[1]
  • ハルマゲ丼 - 春巻き丼のこと。後に「春巻き丼」に改称[2]
  • でっち上げ定食 - 定食のひとつ[3]
  • 九菜(きゅうさい)ラーメン - 亀戸店のメニュー。「救済」にかけている[4]
  • オウムレツセット - オムレツのこと
  • ポアカレー - チキンカツカレーのこと。「CAFEうまかっちゃん」で予定されていたが中止された[5]

オウムのお弁当屋さん[編集]

オウムのお弁当屋さんを参照

かつて存在した店舗[編集]

うまかろう安かろう亭

(中野店と吉祥寺店は定食屋、小岩店は丼屋、明大前店は居酒屋、江古田店は弁当屋、その他はラーメン店)

イタリアンうまかっちゃん(喫茶店)
カフェテリア運命の時(カレー店)
  • 西永福店 - 東京都杉並区 その後サティアンショップに転換。

その他[編集]

宣伝文句及びキャッチコピー等[編集]

  • おいしさ25時間!!

「わっ!一時間得した気分」それが、"オウムのお弁当屋さん"です。オウムのお弁当屋さんは、配達システムを完備した24時間営業のお店です。食べたい時にお電話してください。いつでもあなたにおいしさをお届けします。手軽に注文、味もグー。あなたに空腹がある限り、オウムのお弁当屋さんは許しません!!

  • もうこれは、おべんとのイベントだ!!

24時間宅配サービスのオウムのお弁当屋さんがまたやった!続々の新メニューに思わず舌づつみ。安あがりの目玉だシャケ弁・のり弁スペシャル、勝たせてお願いのとんかつ弁当、気分はピクニックの天むす・おむすび。そしておいしさのまんじ固め、オウムグルメ弁当!さらに究極の一品もの、ホット・コールド・ゼリーとヘルシーの三面六ぴのパールバティー。まさに、だいご味だらけの笛太鼓。満腹派のあなたも、コスト派のあなたも、グルメ派のあなたも、スナック派のあなたも……みんな仲良く、オウムのお・べ・ん・と・や・さん!

  • 華・や・か・に 和・や・か・に
    おべんと・リボリューション

オウムのスペシャルランチシリーズ、和風仕立てで新登場。今までのお弁当ではちょっとあきたらない人に贈る、上品指向のお弁当。シックな色あいの中にもやさしさがぽろり。見て、味わって、楽しんで、ちょっと気になる"おべんと・リボリューション"です。

  • おいしさ
    まごころ

味の決めては、きめの細かい心づかい。富士山の霊水を用いて、ふっくらと炊き上げたご飯、たっぷりと吟味されたおかず各種、目を喜ばせる盛り付けの妙、そして年中無休24時間宅配サービスと、いつでもおいしさをお届けします。また、毎度恒例になりました今回の新メニューは、丼物の御三家登場です。オウムのお弁当屋さんは、心づくしの味を目指しています。

  • ときを込めて、こころ添える。

おいしいもの今、集めます。オウムのお弁当屋さんが自信をもってお届けする弁当グルメの決定版。えり抜きの市場直送を素材に、富士の霊水をふんだんに使って調理した手づくり志向の逸品です。洋風・和風・中華風に日替わり弁当を加えた本格派四部作の揃い踏み。ベテランシェフが心つくした味わいを、じっくりとご賞味ください。

参考文献[編集]

  • 井上順孝編『情報時代のオウム真理教』(春秋社、 2011年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. 東京キララ社編集部『オウム真理教大辞典』 2003年 p.12
  2. 『オウム真理教大辞典』 p.111
  3. 『オウム真理教大辞典』 p.95
  4. 『オウム真理教大辞典』 p.43
  5. 『オウム真理教大辞典』 p.119