佐倉杏子

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐倉杏子
さくら きょうこ
登場作品 魔法少女まどか☆マギカ
声優 野中藍
性別 女性
学年 中学2年
武器
キャラクターデザイン 蒼樹うめ(原案)、岸田隆宏

佐倉杏子(さくら きょうこ)とは、シャフト制作のオリジナルアニメ・漫画『魔法少女まどか☆マギカ』に登場するキャラクターである。

概要[編集]

長年魔法少女として戦ってきたベテラン魔法少女。年齢は中学2年生に該当するようだ。好戦的で利己的な性格であり、魔法は自分自身のために使うモノと考えている。マミの死によって空白地帯となった見滝原市の縄張りを手に入れるべく現れ、真逆の考えを持つさやかと敵対する。

ソウルジェムの色は赤。魔法少女時には楕円形になり、襟近くに位置する。

外見的特徴[編集]

イメージカラーは赤色。瞳の色は赤。キュートな八重歯とポニーテール状に束ねた真紅の長い髪が目を引く。髪は束ねても腰辺りまで届くほど長く、解くと膝まで届くストレートヘアーになる。長い髪の毛を黒色のリボンで纏めている。リボンの中には杏子の内面を象徴する、赤い石がはめ込まれた十字架が隠されている。

きつめで攻撃的な印象を与える目付きだが、心を許した人に対してはやさしい目をする。

身長はほむらと同程度。

普段の服装はヘソ出しルックで、長袖のパーカーを上から着ており、ホットパンツを穿いている。ブーツを履いており、靴下は着用していないとのこと。公式イラストでの見滝原中学校制服を着ているイラストでも靴下はしていない。反逆の物語で制服を着ている際は黒のハイソックスを着用している。

魔法少女時の外見[編集]

教会の神父を務めていた父親の神父服をモチーフとしている、ほとんどが赤色で統一されている衣装。画面でもとても映える。丈の長いノースリーブの上着に白色に縁取りされた黒のシャツ、ピンク色のミニスカートと黒色のニーソックスに膝まで来る赤色のブーツを着合せている。上着には端に白いフリルが付いており、動く際に邪魔にならないように前側が広く開いた形状をしている。

ソウルジェムが位置する胸元周りは肌が露出している。

性格[編集]

乱暴な口調で話し、その口調に違わず好戦的な性格で他者を挑発する態度や言葉が目立つ。自分本位で利己的な思考を持ち、自分勝手に生き他者が犠牲になっても構わないという態度を採り、使い魔を野放しにして人を殺して成長し魔女になるまで待つ、という行為からもそれが分かる。また、願いは自分のために祈るものと考えており、恭介の腕を治すために願ったさやかを否定していた。表は利己的で現実的だが、実際は他者を気遣い助けようとする優しく面倒見が良い性格であり、奇跡を信じ起こそうとするなど熱い心を持つ。自身の願いが起こした悲劇を機に利己的な行動を採るが、根が良い子なためその行動に嫌悪寒を感じるという相反する面を持つ。それによるストレスを解消するため常に食べ物を口にしており、大体は菓子類やジャンクフードを食べている。食べ物は大切にしており、食料を粗末にする者に対しては本気で怒る。

大切な友達を得た反逆の物語では、性格が改まり、粗暴で好戦的な部分は鳴りを潜め、イタズラ好きで、さやかなどによくちょっかいを出す無邪気で活発な性格になっている。魔女化したほむらを悲しむ台詞を言ったりなど、優しさも垣間見える。

戦闘能力[編集]

使用武器は槍。槍は多節棍のように各部分が鎖で繋がり自由に切り離せる仕様になっており、魔法の力で見た目以上に伸ばせる。突き刺す・斬るなどの槍としての扱いだけでなく、先端に分銅を付け相手を巻き付ける、鞭のように叩きつけるなど、多彩な攻撃が可能。仕組み上攻撃範囲が広く、多くの敵も纏めて相手に出来、仕留められる。あらゆる状況に対応し多彩な用途に使える高性能武器である。また、魔法で超巨大な槍を産み出す技も持つ。

杏子自身のステータスは攻撃に特化した攻めの戦法を最も得意とする。場数を踏んでいるため身体能力が非常に高く、パワー・スピード・状況判断能力共に高い。軽やかに素早く動き回り、アクロバティックな動作で翻弄し、強烈な攻撃で相手を畳みかける。しかし、防御面は意外なほど脆く、一転守勢に立たされると弱い。

固有能力は「幻惑の力」。その能力によって複数の分身を産み出し惑わす攻撃「ロッソ・ファンタズマ」を必殺技としていた(命名者はマミ)。マミとの特訓によって最大13人まで分身出来るようになったが、家族が一家心中してしまった事件へのショックと罪悪感によって、無意識のうちに固有能力を封印してしまった。そのため、杏子は本来の魔法を失った状態で今まで戦い抜いてきた事になる。

過去[編集]

杏子は「みんなが父の話を聴くようになること」という願いのよって魔法少女となった。杏子の家族は聖職者であり、父親は暴力の絶えない社会に本気に悩むような優しい性格だった。父親は祈りによって世界を救おうと考え、宗派本来の教えとは別に「ごく当たり前の事」を説き始める。しかし、人々からは妖しいエセ宗教としか見られず追い払われ、宗派からは異端と見なされ破門されてしまった。一家は貧困に苦しむようになり、その日の食事にも事欠くようになってしまう。杏子が食べ物を大切にするのはこの経験からである。

貧乏生活に苦しむ家族と誰からも話を聞いてもらえず悩む父の姿に心を痛め理不尽を感じた杏子はキュゥべえと出会い、「みんなが父の話を真面目に聞いてくれますように」と願い魔法少女となった。 この願いにより人々が父の説法に耳を傾けるようになった。教会は父の話を聞こうとする人々で毎日溢れ、家族の生活にも豊かさがもたらされた。日中は父親が人々に正しい教えを説いて教え、夜は杏子が魔女を倒す事で人々の希望を守る事によって、杏子の周囲の幸せは保たれていた。この頃の杏子は純粋に人々を魔女の魔の手から守り、家族の幸せを願い祈りが周囲に届くように戦っていた。物語開始時の荒くれて好戦的な性格ではなく、人懐っこく努力家な少女だった。また、その頃にマミと出会い師事し一緒に行動している。

しかし、ある時杏子が魔法少女である事が父親にバレ、人々が教えを受けに来ていたのは魔法の力による作為的なものだという事実も知られてしまう。父はこの事に絶望し、実の娘である杏子に対し「魔女」と罵りの言葉を掛けてしまう。父親は教えを説く事を止め自暴自棄になって酒浸りになり、最期は杏子を1人残して一家で無理心中を遂げてしまう。

大切な家族のために願った祈りが結果的にそれを失わせる結末に至ってしまい、杏子は絶望し自分を責めた。それ以後杏子は魔法は自分のために使うようになり、他者の事を気に掛けない気ままで自分勝手な生活を送るようになる。マミとも決別し見滝原市を離れ、窃盗などの悪事も働くようになった。皮肉にも利己的で刹那的な行動が杏子の精神を安定させ、絶望し切り魔女化するのを塞き止める結果ともなっている。自身の利己的な行為にも嫌悪し、食べ物を口にする事でそれを紛らわせていた。

交友関係[編集]

家族は上述した通り父・母・妹の4人家族で、無理心中事件で一家を失っている。身寄りは無く、普段の杏子は当てもなく街中を彷徨いながら適当なホテルの1室などを無断拝借して寝泊りして生活している。

アニメ本編では美樹さやかとの関係が大きく取り上げられている。自分とは真逆の行動原理を持つさやかとは序盤で敵対・交戦し、その後も積極的に関わってきている。魔法少女の真実が判明した直後には真っ先にさやかと接触・自分のために生きるようにと説得に掛かり、拒否された後も見捨てられず関わり続けている。さやかが絶望し魔女化してもさやかを救う希望を捨てず、最期は人魚の魔女と相打ちし果てた。

さやかに拘り続けた理由は、さやかとかつての自分を重ねて見ていたためである。序盤はかつての自分と同じであるさやかを倒す事で過去を振り切ろうと考え、中盤以降はさやかに自分のような経験を受けさせたくないため、さやかを見捨てず関わり、同時に自分本来の優しさやかつての理念を取り戻していく。さやかを救う行動は自身を救う行動でもあり、もしさやかを助けられていれば杏子の心は救われていた。もしも見捨てていたら絶望し魔女化していたという。

叛逆の物語での魔女結界内の世界ではさやかと同居しており、親友同士の間柄となっている。

巴マミとはかつて師匠と弟子の関係であり、魔女との戦い方などを教わり、家に招き招かれる、信頼し合えるパートナーだった。杏子がマミの下を離れて以降はお互い別々の道を歩んでいるが、ドラマCDや「The different story」ではマミに対する気持ちを独白している。12話の改変後の世界・叛逆の物語では和解したようで、再び一緒に戦っている。

鹿目まどかとは9話で短い間ながらも一緒に行動している。まどかに対しては強圧的な話し方はせず、気丈ながらも優しく接している。まどかの姿に自身の亡き妹を重ね合せていたのかもしれない。

暁美ほむらとは他者を頼らないという理念を持つという共通点があり、対ワルプルギスの夜において同盟を結んでいる。この同盟には利害関係以上のモノは無いが、ほむらからはけっこう信頼されているようで、見滝原市の管轄を任せようと依頼してくる・作戦会議で家に招く・杏子の最期に思わず名前を呟く(ほむらは他者に対してはフルネームで呼ぶ)などほむらの行動原理からしても頼れる人物と見れるようだ。

劇中での活躍[編集]

TVアニメ・新訳劇場版[編集]

第4話

ラストで登場。巴マミの死を知り、その縄張りを入手するべく見滝原市にやってきた。

第5話

使い魔と戦っていた美樹さやかの下へ乱入。魔法少女としての信念が真逆な2人は対立し、そのまま戦闘に発展する。魔法少女として経験豊富な杏子は戦闘を終始有利に進めさやかを圧倒する。さやかにトドメを刺す寸前まで追い込むが暁美ほむらに止められる。

第6話

むらの手の内が分からない杏子は引き下がり撤退する。後日、ゲームセンターのリズムゲームで遊んでいた杏子のところにほむらが現れ、見滝原市の縄張りを任せる代わりにさやかとは戦わないようにと取引を持ち掛けられる。しかし、その日のうちに杏子はさやかと接触し再び戦おうとする。ほむらも駆け付け一触即発の空気の中、戦闘を止めるためまどかがさやかのソウルジェムを投げ捨てた事で、ソウルジェムは魔法少女の魂を移し替えたモノであるという事実が判明する。

第7話

ショックを受けるさやかの自宅を訪れる。かつての家である教会跡にさやかを連れて行き、自らの願いが引き起こした悲劇を聞かせ、これからわ自分の利益のために魔法を使うようにさやかを説得する。しかし、さやかに拒否されてしまう。それでも放っておけず、さやかと魔女の凄惨な戦いを見届ける。

第8話

対「ワルプルギスの夜」に向けての作戦会議中にキュゥべえからさやかの状態を聞かされ、ボロボロになりながら戦いを続けるさやかを追い掛ける。ほむらに殺されそうになったさやかを助け、その後、駅で傷心のさやかと出会い心の内を聞かされる。時すでに遅く目の前でさやかは魔女へと変貌してしまう。

第9話

ほむらの協力で、さやかの魂の成れの果てである人魚の魔女「Oktavia_Von_Seckendorff」から逃走し、さやかの遺体を鹿目まどかの下へ連れ帰る。この際にほむらの冷酷な発言に怒りを見せている。

魔女を倒せばさやかの魂が戻るかもしれない、という一縷の希望を胸に行動開始。協力を申し込んだまどかと共に魔女の結界に侵入、道中でまどかに「魔法少女になっていいのは、そうするしかないヤツだけ」と既に幸福であるまどかが魔法少女にならないよう忠告した。

結界の最深部で人魚の魔女と対峙する。懸命にかつての親友を説得するまどかを守りながら、魔女を傷つけないよう攻撃も封じられた状況で必死に戦うも、声は届かず魔女の猛攻で致命傷を負ってしまう。さらに魔女がまどかにも攻撃を仕掛けた事に怒り、槍の一閃で腕を切り落とす。最期を悟った杏子は駆け付けたほむらに気絶したまどかを託し、自身は魔女を倒すべく自らの魔力を全開にし、相打ちとなり戦死した。

第10話

ほむらの過去の戦いを描いた10話でも登場。まどか達とは行動を別にしており、さやかからは敵対心を持たれている。さやかの魔女化に居合わせ、撃破後に無理心中を行ったマミによってソウルジェムを撃ち抜かれ死亡した。

第12話

全ての時間軸に存在する魔女を全て消し去り全ての魔法少女を救済したい、という途方もない願いを叶えようとするまどかの前にマミと共に現れ(まどかの精神に現れたようだ)、揺るぎない覚悟を持つまどかの背中を押し応援した。

まどかによって改変された世界ではほむらと共に魔獣と戦っている。さやかと分かり合えて友情を育んだようで、力を使い果たし消えていったさやかの姿に「やっと友達になれたのに・・・」と悲しんだ。また、マミとの関係も「旧知の仲」となっており、和解出来たようだ。ほむら・まどかの家族以外の人々同様にまどかの事は覚えていない。

The different story[編集]

1巻目はドラマCD「フェアウェル・ストーリー」とほぼ同じストーリー。ピンチをマミに救われた事を機に師事し、魔女と戦う術を教わっていき実力を伸ばしていった。親交を重ねていくにつれお互い無くてはならない、志を同じくする大切な存在となっていた。しかし、杏子の家族が心中した事で袖を別ち、杏子を止めようとしたマミに酷い言葉を浴びせてしまった末に、戦闘でマミを破り、見滝原市を離れていった。

再び見滝原市に戻った際には性格は大きく変わっており、やさぐれた利己主義者となっていた。

マミの下には新たにさやかが新人魔法少女となっており、さやかにかつての自分を重ねて見た杏子は、さやかの他者のために祈った願いを否定し、さやかにも悲劇が起こってしまうと、さやかを魔法少女に巻き込んだマミを非難した。本心ではマミの事を尊敬しており、かつての事を後悔しているが、素直になれないまま日々を送って行く。魔女との戦いでさやかを庇ってマミが深手を負った際には助けに向かい、マミが回復する時間を稼ぎ魔女を倒した。

さやかが魔女化したと聞いた杏子は真相を確かめるべくマミを探しに行き、魔女となったさやかと刺し違えようとするマミと出会う。マミから魔法少女の真相を聞かされた杏子は、死地に向かおうとするマミを止めようとし戦闘になる。激戦の末にマミに倒されたと見えたが、復活した「幻惑の魔法」でマミを欺いており、魔力の消費によってソウルジェムの穢れが限界に近くなり倒れ動けなくなったマミの下に現れる。絶望しかけたマミに自分が今まで告げられずにいた本心を伝え、マミは家族同然の大切な存在だと告白した。マミに離れ離れにならないと約束を交わし、マミが絶望し魔女化するのを阻止した。

帰るべき場所をようやく見つけた杏子は魔女の結界に侵入し、涙を流しながら人魚の魔女を倒した。手に入れたグリーフシードをマミのソウルジェムを浄化するために使い、自身のソウルジェムの穢れを取り除くために別の魔女を倒そうと赴く。しかし、マミと魔女との戦闘でソウルジェムに限界近く穢れが溜まり、既に満身創痍の状態では満足に戦える状態ではなかった。結果、魔女との戦いに敗れ、マミとの約束を果たせぬまま力尽き戦死してしまう。

叛逆の物語[編集]

「ナイトメア」との戦いに苦労しているマミの助けに応え、風見野市から見滝原市へ駆け付けた。さやかの自宅に居候しており、見滝原中学校へも通っている。学年とクラスはまどか・ほむら・さやかと同じ。性格はだいぶ柔らかくなり、かつては考えられなかった幸せな生活を送っており、戦闘でも仲間と共に活躍している。

偽りの世界に違和感を感じたほむらに「一番違和感を感じるから」という理由から相談され、仲間として一緒に真実の探求にあたっている。魔女化し死に向かうほむらを止める戦いでは、最近見た「さやかが消える夢」を告白し、あの夢は正夢でさやかが「円環の理」の使者であり、この戦いが終わればこの世から再び消えなければならない事を知る。戦いの中でお互いの固い絆を確認し合い、いつまでも絆を忘れない事を約束し合った。

悪魔化したほむらによる改変後の世界では、偽りの世界と同じく学校に通っている。さやかとも親友であり、エンディングではじゃれ合っている。

関連項目[編集]